外来のご案内

トップページへ戻る

お問い合わせ TEL:082-241-3111(代表)再診予約電話受付 15時~16時30分 FAX:082-246-0676(代表)紹介FAX番号 082-504-7576

交通アクセス

〒730-8619
広島市中区千田町1丁目9番6号

透析について

トップページ > 外来のご案内 > 透析について

透析についてのご案内

透析とは?

腎臓の働きが悪くなると、体にとって不必要なもの(毒素)を尿として体の外へ出すことができず、身体に毒素がたまってきます。この余分な毒素を取り除くための治療が透析療法です。透析療法には、血液透析療法(HD)と腹膜透析療法(PD)の2種類があります。

方針

透析センターは血液透析療法と腹膜透析療法を行っています。安全で安心な透析治療・ケアが提供できることを常に心がけています。

設備について


透析センター

当院透析室は、平成28年5月に"透析センター"として南棟3階に移転しリニューアルしました。 血液透析療法は、38床のベッド(個室2室は陰陽圧完備)と、ワンフロアーでの治療の場の為、ベッド間にロールカーテンを設置しプライバシーの配慮と、ベッド間隔も広くし車椅子の出入りや病棟からのベッド搬送をスムーズにしています。
腹膜透析療法は、診察室とバック交換室にクリーン設備を完備しています。 透析に入る前(療法選択)の方の相談を受けている相談室もあります。

治療について

■血液透析クール:≪月・水・金≫9:00~14:30頃、15:45~21:30頃(2クール)
             ≪火・木・土≫9:00~14:30頃(1クール)
■血液透析時間:4~5時間
病状によっては、ICU・HCUや病棟に出向いての血液透析療法も行っています。
■腹膜透析療法:月1~2回の定期外来受診

慢性腎不全の患者さんの外来維持透析と、検査や手術や治療等で当院に入院となった維持透析患者さんの入院中の血液透析を行い、各診療科の医師や病棟・外来看護師との連携を大切にしています。また、急性腎不全や肺水腫等の重症の臨時血液透析や、新規血液透析導入、シャントトラブルの治療を目的とした近隣の透析治療を専門の医院やクリニックから紹介も受けています。
長期にわたる治療の為、患者さんの生活スタイルを踏まえたうえでの知識の提供や指導や相談、フットケア、ベットサイドでの栄養食事指導等を、腎臓内科医師、看護師(透析看護認定看護師を含む)、臨床工学技士、管理栄養士と連携し日常生活が快適に送られるよう努めています。

※治療費用、医療保険などの相談はメディカルソーシャルワーカー、介護保険に関する相談はケアマネージャーがお受けします。

このページのトップへ