診療科・部門

トップページへ戻る

診療科紹介

サポート部門紹介

お問い合わせ TEL:082-241-3111(代表)再診予約電話受付 15時~16時30分 FAX:082-246-0676(代表)紹介FAX番号 082-504-7576

交通アクセス

〒730-8619
広島市中区千田町1丁目9番6号

小児科

トップページ > 診療科・部門 > 小児科

小児科のご紹介

診療の対象となる主な疾患

小児血液疾患・小児がん(発症時18歳未満の白血病、悪性リンパ腫、再生不良性貧血や溶血性貧血・その他の貧血、血小板減少症、好中球減少症など)。先天性免疫不全症。急性気管支炎や肺炎・感染性胃腸炎などの感染症。川崎病。小児神経疾患(てんかん、結節性硬化症など)。アトピー性皮膚炎、気管支ぜんそく。小児内分泌疾患(成長障害、成長ホルモン分泌不全性低身長症)。

当診療科における特色・専門医療

患者さんが元気に成長できるよう、医師・看護師・臨床心理士・薬剤師・リハビリ療法士・栄養士・ソーシャルワーカーなど多職種が一丸となって、患者さんを中心にチーム医療を行っております。すべての医療は、患者さんやご家族に理解していただいた上でおこなっており、そのために十分な説明を心がけております。

抗がん剤による化学療法:白血病や悪性リンパ腫に対し、長年の経験と全国統一プロトコールに基づく新しい治療法を積極的に取り入れ、再発がなく、かつ晩期合併症の少ない治癒を目指しています。入院生活が長期にわたるため、院内学級(小学校・中学校)教師や臨床心理士の協力を得て、入院生活がより楽しく充実するよう心がけています。

造血幹細胞移植:抗がん剤の治療では治らない難治性の白血病や悪性リンパ腫、再生不良性貧血、先天性代謝疾患や先天性免疫不全症に対して行います。6床の無菌室と2~4床の準無菌室をフルに活用し、骨髄バンク指定病院として非血縁者間骨髄移植・非血縁者間臍帯血移植に積極的に取り組んでいます。

当科の方針

早期発見・早期治療が重要です。患者さん・家族のみなさんが相談しやすく、かつよく理解していただけるような診療を行ってゆきます。患者さんは病気を持っていても日々成長しているので、慢性疾患の場合には家族のみなさんとともに患者さんの一日一日を大切にします。当科で診断・治療困難な場合には、スムーズに病気・症状に適した医療機関を紹介します。

日本小児がん学会認定小児血液・がん専門医研修施設

当院は、日本小児がん学会認定小児血液・がん専門医研修施設に指定されています。
当科で行っている研修プログラムは次のとおりです。
日本小児血液・がん専門医研修プログラム(PDF・198KB)

小児科ホームページはこちら!!(外部サイト)

小児科 スタッフのご紹介

職名 氏名 卒業年次 資格
(専門医・認定医・指導医等)
専門分野
部長 ふじた なおと
藤田 直人
昭和
61年卒

日本小児科学会認定専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医・暫定教育医
日本血液学会認定血液専門医・指導医

小児血液・がん暫定指導医
医学博士

小児神経疾患

てんかん

小児血液疾患

小児血液腫瘍

小児がん

造血幹細胞移植

感染免疫疾患

副部長 みき みずか
三木 瑞香
平成
8年卒

日本小児科学会認定専門医
小児血液・がん専門医・指導医
日本血液学会認定血液専門医・指導医

日本血液学会認定血液専門医
造血細胞移植認定医

-
医師 ちぢまついくえ
千々松 郁枝
平成
14年卒
日本小児科学会認定専門医 小児科一般
医師 つぼい あやな
壷井 史奈
平成
19年卒
日本小児科学会認定専門医 小児科一般
レジデント医師 さくら ふみあき
佐倉 文祥
平成
23年卒
嘱託医師 にし よしかず
西 美和
昭和
47年卒

日本小児科学会認定専門医
日本内分泌学会内分泌代謝科(小児科)専門医・指導医
医学博士

小児内分泌疾患

成長障害

低身長

糖尿病

肥満

夜尿症

尿失禁

アトピー性皮膚炎

骨疾患

嘱託医師
はまもと かずこ
浜本 和子
昭和
53年卒

日本小児科学会認定専門医

小児血液疾患

小児血液腫瘍

小児がん

造血幹細胞移植

感染免疫疾患

このページのトップへ