診療科・部門

トップページへ戻る

診療科紹介

サポート部門紹介

お問い合わせ TEL:082-241-3111(代表)再診予約電話受付 15時~16時30分 FAX:082-246-0676(代表)紹介FAX番号 082-504-7576

交通アクセス

〒730-8619
広島市中区千田町1丁目9番6号

救急集中治療部

トップページ > 診療科・部門 > 救急集中治療部

救急集中治療部のご紹介


ICU部長
酒井 明彦

ICU(集中治療室)とは?

ICUというのはIntensive Care Unitの略称で、「集中治療部門」という意味です。 なんらかの原因により、生命の危機に瀕した患者さんに対して、医療技術や薬剤を駆使して救命にあたっています。(例えば、心筋梗塞により心不全やショック状態になった患者さん、細菌感染やウイルス感染による肺炎で呼吸困難を生じた患者さん、交通事故で重傷を負った患者さん、薬物の過剰服用による中毒症状を発症した患者さんなど) また、長時間にわたる手術を受けた患者さんに対して、手術後を安全に経過するように集中して治療・看護を行っています。
ICU室内には常に医師が在室しています。また、受け持ち看護師制により、患者さんやご家族が安心して治療が受けられるように体制をととのえております。
当院は、広島市の救急診療体制にも協力しています。夜間や休日等の診療時間外の急病や事故等による救急診療により、入院治療が必要となった患者さんは、当ICUに入室していただきます。初期治療により状態が落ち着いた後、一般病室へ移っていただきます。
その他、各診療科と協力して特殊な治療機器を使用した治療にも対応しています。

  1. 顆粒球除去や免疫物質吸着を目的とした血液浄化療法
  2. 突発性難聴や網膜中心動脈閉塞症などの治療を目的とした高気圧酸素治療

これらの治療をご希望の患者さんは、各診療科にご相談ください。

病棟の特色


集中的な看護

手術や交通事故等による大きな侵襲は、呼吸・循環・代謝などの生命を維持する機能に変化を生じさせます。このような状態にある患者さんに対して、常駐する医師と共に集中ケア認定看護師を中心に、スタッフ全員が適切な観察と判断に基づく看護ケアを提供しています。
また、一般病室とは異なるICU室内の環境は、 患者さんやご家族にとって不安や緊張の連続だと思います。このような患者さんやご家族の気持ちを考え、少しでも不安や緊張感を緩和できるように、援助や処置などの際には、説明や声かけなどのコミュニケーションを大切にしています。

  1. 生命危機への援助
    救命・急変時の看護を行っています。また、各種医療機器の管理も行っています。
  2. 不安・苦痛への援助
    不安や苦痛ができるだけ少なくすごせるように配慮して、日常生活の援助を行い、患者さんの回復意識を支えています。
  3. 家族への援助
    家族のみなさまと連携を密にし、患者さんと家族のみなさまの意思を尊重して支援しています。
  4. 安全な環境の保持
    感染防止・事故防止・合併症の予防にこころがけるとともに、安全な医療を提供できるように日々研鑽を重ねています。また、快適な療養環境を整える努力をしています。
  5. 看護の継続性
    ICUから一般病棟、また一般病棟からICUへと患者さんの看護が適切に継続されるように連携をはかっています。

ICU専門スタッフのご紹介

職名 氏名 卒業年次 資格
(専門医・認定医・指導医等)
専門分野
部長 さかい あきひこ
酒井 明彦
平成
6年卒

日本麻酔科学会麻酔科専門医・麻酔科指導医
麻酔科標榜医

臨床麻酔
ICU

嘱託医師 おおき しんご
大木 伸吾
平成
20年卒

日本救急医学会救急科専門医
日本内科学会認定医

救急医療

嘱託医師 きょう みちひと
京 道人
平成
22年卒

日本救急医学会専門医

救急医療

嘱託医師 ぎが ひろし
儀賀 普嗣
平成
22年卒

-

救急医療

嘱託医師 みよし ひろみ
三好 博実
平成
26年卒

-

救急医療

嘱託医師 おかざき ゆうすけ
岡﨑 裕介
平成
26年卒

-

救急医療

このページのトップへ