診療科・部門

トップページへ戻る

診療科紹介

サポート部門紹介

お問い合わせ TEL:082-241-3111(代表)再診予約電話受付 15時~16時30分 FAX:082-246-0676(代表)紹介FAX番号 082-504-7576

交通アクセス

〒730-8619
広島市中区千田町1丁目9番6号

検査部

トップページ > 診療科・部門 > 検査部

検査部のご紹介

業務概要

検査業務は大別して、患者さんから採取された血液・尿・便・喀痰等をそれぞれの目的に応じて検査・分析をおこなう検体検査部門と患者さんに直接接し、体から発生するわずかな信号を記録したり超音波により画像化し情報を得る生体検査部門で構成されています。各部門の技師は常に専門知識の習得に努め、信頼度の高い情報を正確・迅速に医師に提供出来るよう努力しています。

方針

私たちは病院理念及び基本方針を遵守するとともに、患者さん・病院・社会のためにつくします。
私たちは親切で思いやりのある対応と、正確で迅速な検査成績の報告に努力します。 私たちは日常業務に対する改善や、将来に向けての提言がおこなえる企画力・実行力の養成に励みます。


検査部長兼血液内科部長
麻奥 英毅

特徴

私たちは患者さんから採取された検体の検査成績を正確でより迅速に報告するため、システムの構築を含めて様々な業務の改善をおこなっています。   8時の採決業務開始に合わせ、各部門の分析装置を立ち上げ、採血後直ちに測定できる状態にしています。平成28年度は、外来採血の中央化をはかり、診察予約時間を優先した採血支援システムを導入し、10台の採血台を使用することで採血待ち時間の短縮を実現しました。遺伝子検査室は、主に悪性腫瘍遺伝子検査を翌日報告することで早期診断に貢献しています。生理学的検査室は、術中モニタリングを始め、術中静脈瘤レーザー治療の超音波によるサポート、心臓リハビリの負荷量を決めるためのCPX測定などチーム医療へ積極的に参画し活動分野の拡大を図っています。一般微生物検査室は、質量分析を用いた方法により菌名の迅速報告ができる体制を構築し新たな展開を目指しています。

   
        
中央採血室
   

中央採血室

  

当院の中央採血室の採血順番は、来院した順番ではなく、表に示すように外来の診療内容に合わせた採血順番となっています。自動採血・採尿受付機に診察券を挿入すると電子カルテで確認後、予約時間に合わせた区分を自動で印字します。診察予約時間やCT・エコー検査の予約時間の1時間程度前に来院されることをお勧めします。A区分の患者さんより採血を行います。

採血区分 時間帯 内容
随時 緊急性を要する場合
8時30分~9時 診察予約時間・CTやエコー検査の予約時間
9時~10時
10時 ~11時
11時~
          

 
生化学・免疫血清検査室

生化学・免疫血清検査室

生化学・免疫血清検査は、主に血液(血清)や尿の中に含まれている様々な成分を分析しています。
分析の工程を正確かつ効率よくするために、分析装置と分注搬送システムを連携させて迅速に検査結果を報告しています。
精密な検査結果を報告するために精度管理を怠らず、日本医師会など外部サーベイランスに参加することで正確さの維持、確認をしています。
第三者評価として精度保証認証施設を取得しており、今後も迅速でより正確な検査結果を報告し、患者様のお役に立てるよう日々努力を重ねていきます。

  

  

  
遺伝子検査室
   

遺伝子検査室

   

当検査室では2014年7月より専門の部屋を設け造血器腫瘍関連の遺伝子検査を開始しました。まだ部屋としての歴史は浅いですが、急速に進歩し続けているこの分野の更なる充実を図っていきたいと考えています。

    

  

  

 
 

 

 
生理機能検査室

生理機能検査は、患者様から直接得られる情報を数値、波形、画像として表示し、治療に必要なデータを臨床サイドに提供することを目的に業務を行っています。


心肺機能検査

心肺機能検査は、心電図検査、負荷心電図、CAVI/ABI、ホルター心電図、トレッドミル検査、肺機能検査、体成分分析、尿素呼気試験を行っています。

・ 心電図・負荷心電図・・・心臓から発せられる電気的変化を波形として記録する検査です。心筋梗塞や不整脈などの診断に有用となります。

・ CAVI/ABI ・・・両腕・両足の血圧・脈波を測定します。動脈硬化の程度、血管年齢などがわかります。

・ ホルター心電図・・・小型の心電計を身に着けて24時間心電図を記録します。当日は入浴・シャワーに入れないため注意が必要です。

・ トレッドミル検査・・・負荷心電図の一つです。ベルトコンベアの上を歩きながら、心電図・血圧を測定します。

・ 肺機能検査・・・肺活量などの肺の換気機能を調べる検査です。喘息の薬の効果判定にも実施されます。

・ 体成分分析・・・身長・体重・筋肉量・体脂肪などを調べる検査です。

・ 尿素呼気試験・・・井の中のヘリコバクター・ピロリ菌感染を調べる検査です。当日は検査終了まで飲食できないため注意が必要です。

 

【CAVI/ABI】

  

  

画像診断検査

人間には聞こえない音(超音波)を用いて、臓器の内部を画像として写しだす検査です。放射線を扱わないため、被爆の心配がありません。

・ 腹部等超音波検査・・・ 腹部等超音波検査は、腹部超音波検査、造影超音波検査、乳腺超音波検査、甲状腺超音波検査、頸動脈超音波検査、下肢動静脈超音波検査、体表超音波検査を4ブース体制で行っています。

・ 心臓超音波検査・・・心臓超音波検査は、心臓超音波検査、経食道心臓超音波検査を2ブース体制で行っております。また症例によっては3D解析も実施しています。

  

 

脳波・筋電図検査

脳波・筋電図検査は、脳波検査、聴性脳幹反応検査(ABR)、神経伝導速度検査を行っています。また、病棟や手術室に出向いて、脳波や睡眠時無呼吸検査、術中神経モニタリング検査も行っています。

・ 脳波検査・・・脳部に電極をつけ、脳から生じるわずかな電気信号を記録する検査です。意識障害やてんかん、脳腫瘍、認知症などの疑いがある場合に実施します。場合によっては1時間半程度時間がかかりますのでご協力をお願いします。

・ 聴性脳幹反応検査(ABR)・・・ヘッドホンから発する音に対する脳の反応を調べる検査です。乳幼児や高齢者など音が聞こえたかどうか返事ができない患者様でも検査可能です。

・ 神経伝導速度検査・・・皮膚の上から電気刺激を与え、腕や顔面の神経を伝わる電気的活動の速度を調べる検査です。電気刺激の際にはやや痛みを伴います。

・ 睡眠時無呼吸検査(ポリソムノグラフィ)・・・一晩の睡眠の状態(呼吸の乱れ、いびき、無呼吸、不整脈)を調べる検査です。 この検査で睡眠の深さや質、睡眠中の呼吸状態が分かります。一晩中、様々な電極やセンサーを体につけて寝てもらう事になります。

・ 術中神経モニタリング・・・脊椎脊髄の手術や脳腫瘍摘出などの手術の際、術後の麻痺を防ぐため、脳波や節電図をモニターしています。

      

一般検査室

一般検査は尿、糞便、髄液、胸水、腹水、関節液、精液など様々な検体を材料として検査しています。

・ 尿検査・・・尿は非侵襲的に採取できる材料であり、腎・尿路系の状態を直接的に、全身状態を間接的に評価しています。尿試験紙検査は尿蛋白・尿糖・尿潜血などの情報がわかります。尿沈渣は癌細胞や腎疾患などに出てくる円柱成分などを顕微鏡によって観察しています。

・ 糞便検査・・・糞便検査は、大腸癌スクリーニング検査として便潜血反応を測定しています。また、寄生虫(寄生虫卵)の検査も行っています。

・ 髄液検査・・・髄液検査は、中枢神経系感染症やくも膜下出血などの時に細胞の増加があるかどうかを測定します。

・ 胸水・腹水・・・胸水や腹水が貯留することは異常であり、その貯留の原因検索として細胞や蛋白などの測定をします。

・ 関節液・・・関節液は痛風や偽痛風、化膿性関節炎の鑑別を行うために結晶成分の確認や細胞数の測定をしています。

  

 尿:異形細胞(尿路上皮癌細胞)    髄液:異常リンパ球(悪性リンパ腫)    関節液:尿酸Na結晶(痛風)

     

微生物検査室

微生物検査室では、患者さんより得られた検体から感染を起こしている菌を発見するために、検体の種類によって菌が発生しやすい培地を選んで培養したり、染色を行って顕微鏡でどのような菌がいるか確認する等の検査を行い起炎菌の同定を行っています。2013年より質量分析同定装置MALDIバイオタイパーを活用し、迅速な菌名報告を心がけています。また、同定を行った菌にどのような抗菌薬が効くのかも検査しています。微生物検査室で検出された主要細菌の検出状況は院内感染対策委員会(ICT)に定期的に情報を提供し、院内の感染対策にも積極的に参加しています。

   

検体を培地に接種している様子        染色にて細菌(濃紫色)が染まった顕微鏡写真

検査部 スタッフのご紹介

 
職名 氏名 卒業年次 専門分野
検査部長兼血液内科部長 あさおく ひでき
麻奥 英毅
昭和
58年卒
悪性リンパ腫・骨髄腫

副部長(血液内科医師)

かつたに しんや
勝谷 慎也
平成
4年卒
ITP
出血性疾患

臨床検査管理医

大徳 邦彦 昭和
46年卒
-

技師長

楠木 晃三 - -
副技師長 浅野 清司 - -
副技師長 米田 登志男 - -
一般微生物検査課長 芝 美代子 - -
生化学・免疫血清検査課長 橋本 義昭 - -
生理学検査課長 浅野 清司(兼務) - -

他 課長補佐1名、
係長3名、
主任4名、
臨床検査技師19名、
看護師3名

 

資格紹介

認定超音波検査士
7名
血管診療技師
2名
日本糖尿病療養指導士
1名
緊急臨床検査士
4名
二級臨床検査士 臨床化学
3名
            血液学
1名
            呼吸生理学
1名
            微生物学
1名
医療情報技師
2名
第1種衛生管理者
1名
認定一般検査技師
2名
遺伝子分析科学認定士(初級)
1名
一般毒劇物取扱者
1名

このページのトップへ