診療科・部門

トップページへ戻る

診療科紹介

サポート部門紹介

お問い合わせ TEL:082-241-3111(代表)再診予約電話受付 15時~16時30分 FAX:082-246-0676(代表)紹介FAX番号 082-504-7576

交通アクセス

〒730-8619
広島市中区千田町1丁目9番6号

医療安全推進室

トップページ > 診療科・部門 > 医療安全推進室

医療安全対策について

業務の概要

当院では、病院の基本方針にかかげています「安全・確実な医療の提供」をはかるために、医療安全対策に取り組んでいましたが、平成16年4月に更なる医療安全体制の確立や医療事故防止活動をおこなうために、専門的な部署(医療安全推進室)を立ち上げ、医療安全対策に関する活動を積極的におこなっています。
平成18年4月からは専任リスクマネージャーを配置し、医療安全に関する現場の実態調査や予防活動への取り組み(定期的な現場の巡回・点検、マニュアルの遵守状況の点検等)をおこなっています。

具体的な医療安全対策活動
  • ●リスクマネージメント委員会の設置
    各職域から選出された委員で構成され、毎月1回医療安全対策に関し、議論・検討をおこなっています。
  • ●安全管理のための指針整備
  • ●医療事故防止マニュアルの整備
  • ●職員を対象とした医療安全対策研修会の開催
  • ●患者さんからのご意見の集積
    院内に患者相談窓口を設け、患者さんからの相談やご意見・苦情に応じられる体制をととのえ、医療安全対策の見直し等に役立てる努力をしています。
  • ●患者誤認防止用ネームホルダーの導入
医療安全全国共同行動

当院は、医療の質と安全の向上をめざす医療安全全国共同行動“いのちをまもるパートナーズ”に参加登録しています。

医療安全全国共同行動とは?
全国の病院と病院団体、各職能団体、諸学会が連携し、医療の質・安全の向上を目指す9つの行動目標について活動し、目標の達成、医療に対する患者・市民の皆様の信頼を高めることを目標としたキャンペーン事業です。

【目的】

  1. 医療の質・安全の向上をめざす取り組みの普及
  2. 医療の質・安全の向上をめざす取り組みの成果の可視化
  3. 医療に対する患者・市民の信頼の向上

【目標】
医療行為に伴う何らかの傷害(有害事象)の大幅な減少と、これに起因して起こる、防ぐことのできる死をなくすことをめざします。
また、医療現場に安全の文化を浸透させ、医療の質・安全を確保し向上させる組織的な基盤と職種を超えた協力体制を確立することをめざします。

詳しい情報は、以下のホームページをご覧下さい。
医療安全全国共同行動WEBサイト

院内感染対策について

概要

当院では院内感染対策委員会と実践的な活動をおこなう院内感染対策実践部会(Infection Control Team:ICT)を中心に院内感染対策に取り組んでいます。
ICTは医師(感染症管理認定医師を含む)、看護師、薬剤師、臨床検査技師、診療放射線技師、臨床工学技士、栄養士、事務職員で構成されています。安全な医療を提供するために、それぞれの職種の専門分野を生かし、感染管理に関する企画、立案、実行をおこなっています。

活動内容
  • 感染管理に関する相談・指導
    感染対策マニュアルの策定及び見直しを行っています。 また、医療製品の評価及び管理を行っています。
  • 感染リスクの監視・評価
    部署間の連携により、感染リスクを低減させ、適宜評価を行っています。
  • 感染対策に関する規制処置
    耐性菌情報に基づいた抗菌薬が適正に使用されるよう指導を行っています。
  • サーベイランス(調査)
    病院全体とハイリスク患者を対象に感染症患者・保菌者を把握しています。
  • 職員の安全対策と調査
    針刺しの調査及び対策、ワクチン接種など職員の安全対策を講じています。 また、定期的に講演会や勉強会での啓発を積極的に行っています。

お問い合わせ先

医療安全推進室

TEL:082-241-3111(内線:3138)

このページのトップへ