診療科・部門

トップページへ戻る

診療科紹介

部門紹介

お問い合わせ TEL:082-241-3111(代表)再診予約電話受付 15時~16時30分 FAX:082-246-0676(代表)紹介FAX番号 082-504-7576

交通アクセス

〒730-8619
広島市中区千田町1丁目9番6号

血液内科

トップページ > 診療科・部門 > 血液内科

血液内科のご紹介


血液内科部長兼検査部長
麻奥 英毅

診療の対象となる主な疾病

慢性白血病、急性白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、骨髄腫、再生不良性貧血などを中心とした血液全般を診療の対象としています。

当診療科における特色・専門医療

白血病
骨髄検査の分類や細胞表面マーカーの結果を迅速に出すことにより、診断から治療方針の決定までを短期間でおこないます。また、治療方針、治療成績、副作用の説明をおこない、入院が必要な症例については即日入院をおこなえる体制となっています。
単独の施設としては日本でもっとも多い症例数を担当しており、24年間の治療成績を基本にして独自の治療を展開しています。

骨髄性白血病
急性前骨髄球性白血病(M3)を除く骨髄性白血病(以下、AMLと言います)の初回寛解率は、69歳未満は90%、70~94歳は79%、全体で87%となっており、抗白血病剤の強力化、対象症例の高齢化で心配される化学療法に伴う死亡率は4%と決して高くありません。寛解導入療法に成功しますと、独自の治療として維持強化療法を11ヶ月間おこないます。これにより、5年間の無病生存率は59%で、比較的予後の良いとされるAMLのM3では完全寛解率97%で5年間無病生存率は94%となっています。

骨髄異形成症候群
人口の高齢化に伴って骨髄異形成症候群(以下、MDSと言います)が急増しています。MDS関連症例には高齢のため輸血等で経過を見ていく症例と、脱メチル化療法で、質の良い延命をはかる方法、治癒を目指してAML同様の治療を実施する症例があり、病型・病状を見ながら患者さんおよびご家族の方と治療法を決定しています。要治療例の初回寛解導入療法は、完全寛解65%、部分寛解22%、早期死亡(化学療法に伴う死亡例)6%、化学療法不応例7%となっています。
維持強化療法は、AMLと同様に11ヶ月おこないます。完全寛解例無病生存率は33%とあまり良くはありませんが、世界的なデータと比較すれば抜群に良いと言えます。特に、染色体の中間良好群の成績は56%となっており、今後に大きな改善が期待されます。

慢性骨髄性白血病
グリベックの登場で、大きな変化が見られています。ほとんどの場合、投与量を調整しながらグリベックを服用してもらい、5ヵ月後には97%のケースで原因となる染色体異常が正常化します。
その他、種々の白血病の病型がありますが、創意工夫をしながら治療を行っています。

悪性リンパ腫
悪性リンパ腫は、過去15年間に1,100例以上の治療をおこなっています。最近は、年間100~150例のリンパ腫およびリンパ腫関連の新患者があります。低悪性度悪性リンパ腫は約80%、中悪性度リンパ腫は約60%、高悪性度リンパ腫は約40%の長期生存があります。特に最近B細胞性リンパ腫については、リツキサンを併用することにより、さらに効果的な治療をおこなっています。悪性リンパ腫は時に診断が難しい場合がありますが、当院の検査部や病理診断科との協力体制により迅速で高い診断精度を維持しています。

多発性骨髄腫
多発性骨髄腫は、過去15年間に約300例の治療実績があり、最近は年間30~50例の骨髄腫および骨髄腫関連の新患者があります。また、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫の患者さんで適応がある場合自家造血幹細胞移植を積極的におこなっています。通院治療を中心に行っており、70歳以上の高齢者においても5年間無病生存率50%となっています。

当科の方針

ほとんどの治療が長期にわたり、患者さんおよびご家族にとっては精神的に大きな負担がかかります。その負担を軽減すべく、患者さんおよびご家族に対して積極的な接触を試み、懇切丁寧に治療内容などについて説明しています。また、血液疾患の治療には他の診療科からの協力が必要不可欠であり、各専門のスタッフと連携を取りながら効果的な治療を提供しています。

血液内科 スタッフのご紹介

職名 氏名 卒業年次 資格
(専門医・認定医・指導医等)
専門分野
血液内科部長兼検査部長 あさおく ひでき
麻奥 英毅
昭和
58年卒

臨床研修指導医

悪性リンパ腫
骨髄腫

無菌治療室長兼副部長 かたやま ゆうた
片山 雄太
平成
9年卒

日本内科学会認定内科医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
医学博士

骨髄移植
骨髄腫
リンパ腫
造血幹細胞移植

医師

(検査部

副部長)

かつたに しんや
勝谷 慎也

平成
4年
医学博士 ITP
出血性疾患
医師 いたがき みつひろ
板垣 充弘
平成
18年卒

日本内科学会認定内科医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本血液学会認定血液専門医
臨床研修指導医

血液一般
医師 きょ こうへい
許 鴻平
平成
19年卒

日本内科学会認定内科医

血液一般
医師 いまなか りょうた
今中 亮太
平成
19年卒

日本内科学会認定内科医
日本血液学会認定血液専門医

血液一般
医師 おかたに たけし
岡谷 健史
平成
20年卒

日本内科学会認定内科医
日本血液学会認定血液専門医

血液一般
医師 みの たつじ
美濃 達治
平成
20年卒

日本内科学会認定内科医
日本血液学会認定血液専門医

血液一般

上記スタッフ以外に岩戸康治(輸血部長)も当診療科部医師とともに血液疾患の診療をおこなっています。

このページのトップへ