~医療の知恵~」カテゴリーアーカイブ

~医療の知恵~ ヘリコバクター・ピロリ菌をご存知ですか?

カテゴリー: ~医療の知恵~

胃がんは日本人のがん死亡数のうち、3番目に多いがんです。その胃がんの原因として上げられるのがヘリコバクター・ピロリ菌という細菌です。本体の大きさは約4.0μmでらせん形をして、数本のべん毛を持っています。一般的に細菌は胃 … 続きを読む

~医療の知恵~ 前立腺について

カテゴリー: ~医療の知恵~

泌尿器科が診る臓器の一つに「前立腺」があります。前立線は男性だけにある栗の実サイズの臓器で、膀胱のすぐ下にあり、尿道を取り囲んでいます。生殖器としての働きがあり、前立腺液を分泌することにより、精子を保護し運動を活発にしま … 続きを読む

~医療の知恵~ チーム医療で体力改善作戦

カテゴリー: ~医療の知恵~

当院小児科では、疾患の性質上6ヶ月~12ヶ月の長期入院の患者さんが多いのが特徴です。長期入院による筋力低下の改善が認められたのでご紹介いたします。 3年前に病棟改修工事が行なわれ、改修前は個室10.6m2のみでしたが、改 … 続きを読む

~医療の知恵~ 足は全身動脈硬化の鏡

カテゴリー: ~医療の知恵~

下肢閉塞性動脈硬化症という病気をご存じでしょうか? 動脈は、本来心臓が強い力で押し出した血液を流すため弾力性と柔軟性を持ち合わせています。この動脈の層が厚くなったり硬くなったりして弾力性や柔軟性を失った状態を動脈硬化と言 … 続きを読む

~医療の知恵~家庭での尿チェックのすすめ

カテゴリー: ~医療の知恵~

腎臓が悪くなると、むくみが出たり、尿に異常が現れたり、高血圧になるというような症状がありますが、自覚症状がない人もいます。症状のないまま進行し、末期腎不全になって初めて症状が出てくることも少なくありません。ですから定期的 … 続きを読む

~医療の知恵~肝硬変について

カテゴリー: ~医療の知恵~

肝臓は、沈黙の臓器と言われています。肝臓を患うと知らない間に進行して気がつくと肝臓がんができていたり、目が黄色くなってきたり(黄疸)、お腹がふくれてきたり(腹水)、突然、血を吐いたり(食道静脈瘤)、訳の分からない行動をと … 続きを読む

~医療の知恵~ 胃がん・大腸がんに対する薬物療法

カテゴリー: ~医療の知恵~

我々消化器外科医は、胃がん・大腸がんなどの消化器がんの治療を担当していますが、主な治療方法として、手術と薬物療法があります。手術に関しては、最近腹腔鏡手術などの低侵襲な手術方法が普及し、アプローチの仕方が大分変わりました … 続きを読む

~医療の知恵~基準値と正常値

カテゴリー: ~医療の知恵~

健康診断を受けたり、病院を受診したりして血液検査を受けると、検査結果を受け取ることが多いと思います。検査結果には色々な項目があり、検査値が記されていますが、検査値の隣に「基準値」という項目があり、○○~○○と表示されてい … 続きを読む

~医療の知恵~非アルコール性脂肪肝炎

カテゴリー: ~医療の知恵~

第47回「医療の知恵」では,「非アルコール性脂肪肝炎」を取り上げます。 肝臓内に中性脂肪の貯まった状態を「脂肪肝」といいます。(図1) 以前から、アルコールによって肝臓が脂肪肝になることは知られていましたが、時代とともに … 続きを読む

~医療の知恵~肺がん検診について

カテゴリー: ~医療の知恵~

検診の目的は、がんを早期に発見し、適切な治療をすることにより、がんで亡くなる方を減らすことです。 肺がん検診では「胸部エックス線検査(レントゲン検査)」を行います。これは肺全体のレントゲン画像を撮る方法です。 肺がん検診 … 続きを読む