日本赤十字社 広島赤十字・原爆病院

乳がん

がん治療をお考えのかたへ

乳がん

乳がん

治療方針

当院は、日本乳癌学会の乳癌治療の認定施設であり、また、広島県が広島市内で指定する乳癌周術期治療5施設のうちの一つです。診療は外科が担当していますが、責任者は乳腺専門医、乳腺指導医の資格を有しています。看護師、薬剤師を含む乳癌治療チームを結成し、乳癌学会のガイドラインに沿ったエビデンスに基づいた治療を行っています。さらに、当院の責任者は米国外科学会フェロー(FACS)でもあり、かつ米国M.D.Anderson癌センターに在籍中から、癌の生物学的因子の研究を行っており、ガイドラインの治療法に加え、米国での乳癌の最新の知見を考慮に入れた最良の治療法を選択しています。

治療内容

治療実績(2020実績)

がんの部位別、病期(ステージ)別の治療方法

このページのトップへ