日本赤十字社 広島赤十字・原爆病院

眼科

診療科・部門について

眼科

眼科のご紹介

診療の対象となる主な疾病

白内障、網膜疾患、緑内障や斜視・小児眼科の診療を中心に行っています。また、総合病院の眼科として眼瞼や角膜疾患など眼科全般の疾患の診療も行っております。高齢化に伴い増加傾向にある眼内レンズ脱臼に対して、眼内レンズ入れ替え手術(強膜内固定術)も積極的に行っています。網膜疾患には、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症、網膜剥離、黄斑円孔、中心性漿液性脈絡網膜症などがあります。

当診療科における特色・専門医療

全身疾患に合併した眼疾患を診察することが多く、また手術時に血液疾患・糖尿病・心疾患・透析など全身合併症を伴っている場合には該当科との協力により、安全に手術を受けていただけることが特徴です。
斜視は小児だけでなく、成人の診療・手術も多数行っています。網膜疾患にも重点をおいています。網膜疾患では、造影検査や眼底自発蛍光撮影などにより診断を行い、レーザー治療、薬物治療(抗VEGF薬硝子体内注射、ステロイド局所注射)、手術加療など適切な治療を選択しています。緑内障では、近年普及してきている低侵襲な手術術式も導入しております。

当科の方針

それぞれの患者様に最善の医療を提供できる、丁寧な診察と適切な治療を心掛けております。

眼科 スタッフのご紹介

職名氏名卒業年次資格
(専門医・認定医・指導医等)
専門分野
部長おきもと さとし沖本 聡志平成
16年卒
日本眼科学会専門医
眼科PDT認定医
医学博士
斜視弱視
網膜硝子体
眼科一般
医師よしなか あさよ好中 麻世平成
23年卒
日本眼科学会専門医眼科一般
レジデント医師ほそかわ りょう細川 亮平成
30年卒
眼科一般
このページのトップへ