日本赤十字社 広島赤十字・原爆病院

皮膚科

診療科・部門について

皮膚科

皮膚科のご紹介

診療の対象となる主な疾病

皮膚に現れる病変、異常のほぼすべてを診療の対象とします。具体的には、アトピー性皮膚炎、湿疹、じんましん、薬疹、熱傷、外傷、皮膚潰瘍、白癬症(水虫)、陥入爪、伝染性膿痂疹(とびひ)、にきび、ヘルペス、疣ぜい(いぼ)、尋常性乾癬、掌蹠膿胞症、脱毛症、水疱症、膠原病、皮膚・皮下の良性および悪性腫瘍等をはじめとするきわめて多くの疾患が対象となります。また、皮膚病変を伴う内科・外科疾患で受診された場合は、然るべき科に紹介し、その後は該当科と協力し診療致します。なお、レーザー治療はおこなっておりません。

当診療科における特色・専門医療

基本的に日本皮膚科学会のガイドラインに沿った治療、標準的治療をおこなっていますが、特殊なケースやきわめて難治な場合等は十分に説明し同意を得た上で、最新の論文・学会で発表された治療法をおこなうこともあります。
外来には電気メス、液体窒素を常備していますので、イボ、皮膚皮下腫瘍、ほくろ等は外来治療が可能です。比較的大きな腫瘍や植皮を必要とする手術等は中央手術室でおこない、入院が必要なことがあります。
また、紫外線治療ではナローバンドUVB照射器を導入しています。

当科の方針

皮膚科の疾患は多様性にとみ、同じ病名の疾患でも実際の皮膚病変は患者さんごとにそれぞれ異なり、また治療等によっても変化していきます。患者さんの生活習慣のなかに悪化因子が潜んでいることも多く、医師と患者さんが協力して治療していくことが大切だと思っています。したがって、患者さんにはご自分の病気や治療薬についてある程度理解していただきたいと考え、多数の外来患者さんすべてに十分な時間は取れない状況ですが、できるだけ分かりやすい説明をこころがけています。

皮膚科 スタッフのご紹介

職名氏名卒業年次資格
(専門医・認定医・指導医等)
専門分野
皮膚科部副部長ささき りょう佐々木 諒平成
24年卒
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医皮膚科一般
医師いまむら さくらこ今村 桜子平成
28年卒
嘱託医師ましの としひこ増野 年彦平成
6年卒
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医皮膚科一般
皮膚外科一般
皮膚腫瘍
このページのトップへ