日本赤十字社 広島赤十字・原爆病院

救急集中治療科

診療科・部門について

救急集中治療科

救急集中治療科のご紹介

概要

当院では、4床の集中治療室(ICU)と8床の高度治療室(HCU)、8床の救急病床で重症患者の管理を行っています。 ICUでは患者さん2人に1名の看護師、HCUでは患者さん4人に1名の看護師が常時対応し、行き届いたケアを行っています。
ICU・HCUでは入院患者の多くは外科、脳神経外科、整形外科の予定及び緊急手術後ですが、救急外来から入院となる患者さんや既に入院されている患者さんの急変にも対応しています。特に重症な患者さんはICUに入院して治療します。救急病床は、夜間や休日などに入院が必要となった患者さんの対応をしています。

特徴・特色

患者管理は原則として各科主治医のオープンタイプのICUですが、集中治療専門医1名と看護師、コメディカルと協力して、きめ細やかな管理を提供しています。
ICU・HCUには一般病棟と異なり、様々な医療機器があります。その環境は、患者さんやご家族にとって不安であり、緊張する場だと思います。 少しでも不安や緊張を緩和できるように、説明や声かけなどコミュニケーションを大切にしています。 生命維持だけでなく、できるだけ早期に患者さんが回復し退院できるように日々研鑽しています。

ICU専門スタッフのご紹介

職名氏名卒業年次資格
(専門医・認定医・指導医等)
専門分野
救急治療室長おかの ひろふみ岡野 博史平成
17年卒
日本救急医学会救急科専門医
日本整形外科学会専門医
救急一般
整形外科一般
外傷蘇生
外傷整形外科
戦傷外科(国際医療救援)
副部長きだ よしこ木田 佳子 平成
18年卒
医学博士
日本救急医学会救急科専門医
日本救急医学会救急科指導医
日本集中治療医学会集中治療専門医
日本呼吸療法医学会呼吸療法専門医
救急・集中治療
医師しんじょう けいた新庄 慶大平成
27年卒
日本救急医学会救急科専門医救急一般
外傷
整形一般
医師 うちだ ゆき内田 由紀 平成
27年卒
日本救急医学会救急科専門医救急・集中治療
このページのトップへ