日本赤十字社 広島赤十字・原爆病院

歯科口腔外科

診療科・部門について

歯科口腔外科

歯科口腔外科のご紹介

歯科口腔外科部長 明見 能成
歯科口腔外科部長
明見 能成

診療の対象となる主な疾病

口腔外科的疾患として、顎顔面(舌、口腔底、上顎骨、下顎骨、歯肉、頬粘膜、口腔粘膜)の良性および悪性腫瘍、白板症などの口腔粘膜疾患、顔面外傷と顎骨骨折、顎変形症、顎骨嚢胞、粘膜嚢胞、埋没歯、顎顔面腫瘍、顎骨骨髄炎等があります。特に白血病などの有病者の一般歯科疾患(齲歯・歯の欠損)、その他、睡眠時無呼吸症候群や顎関節症が挙げられます。

当診療科における特色・専門医療

顎顔面領域悪性腫瘍に対して、放射線療法・化学療法・手術療法を組み合わせて、腫瘍の進展度に合わせ患者さんのQOLを維持しながら集学的治療を、入院下で行っております。手術に際しては、口腔機能を回復するための再建手術も併用いたします。また、顎骨骨折と顎変形症は、咬合の回復・改善に重点を置いた手術療法を入院下に行い、顎骨嚢胞、粘膜嚢胞、埋没歯は大きさと進行度により、外来又は入院下での手術療法を行います。

当科の方針

インフォームドコンセントとしては、診断結果とそれに対する治療方法を十分に説明して、患者さんの理解と同意を得て治療を進めていきます。セカンドオピニオンの希望があれば対応いたします。病診連携では、患者さんの通院等の負担を軽減するため、必要に応じて術後処置を地域のかかりつけ医と連携して行います。また、紹介頂いた救急の患者さんについては24時間体制で対応するようにしております。

歯科口腔外科 スタッフのご紹介

職名氏名卒業年次資格
(専門医・認定医・指導医等)
専門分野
部長みょうけん よしなり明見 能成昭和
59年卒
日本口腔科学会認定医・指導医
日本口腔外科学会専門医・指導医
ICD制度協議会認定ICD
歯科医師臨床研修指導歯科医
歯学博士
悪性腫瘍
外傷
良性腫瘍・嚢胞
顎骨壊死
顎変形症
副部長ふじた よしのり藤田 善教平成
2年卒
日本口腔外科学会専門医・指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
(歯科口腔外科)
日本口腔科学会認定医
歯科医師臨床研修指導歯科医
歯学博士
悪性腫瘍
顎変形症
外傷
顎骨腫瘍・嚢胞
顎骨壊死
歯科医師こばやし じゅんこ小林 順子平成
9年卒
歯科医師臨床研修指導歯科医歯科口腔外科一般
歯科医師さくらい しげる櫻井 繁平成
22年卒
歯学博士歯科口腔外科一般
嘱託歯科医師とらたに しげあき虎谷 茂昭 昭和
56年卒
日本口腔外科学会専門医・指導医
歯科医師臨床研修指導医
歯学博士
悪性腫瘍
顎変形症
外傷
このページのトップへ