日本赤十字社 広島赤十字・原爆病院

腎臓内科

診療科・部門について

腎臓内科

腎臓内科のご紹介

腎臓内科部長 横山 敬生
腎臓内科部長
横山 敬生

診療の対象となる主な疾病

当科の診療領域は、血尿、蛋白尿、ネフローゼ症候群、急速進行性糸球体腎炎(RPGN)、急性腎不全、慢性腎不全および腎症を合併した全身疾患、電解質異常など腎疾患全般に及びます。
腎臓病の大きな特徴として、末期の腎不全に至る経過においては、まったくの無症状であることがあげられます。健康診断などで血尿または蛋白尿が発見されたとき、無症状だから様子をみてみようと考たり、テレビ番組などの情報をもとにした自己判断による治療に頼ったりするのは絶対に禁物です。そうした場合は、必ず専門医の診断を受け、治療が必要かどうかしっかりと調べるようにしてください。

当診療科における特色・専門医療

腎臓疾患には次のステージがあります。 早期:血尿/蛋白尿、むくみ(ネフローゼ症候群)中期:腎機能がやや低下しているが無症状の状態(慢性腎不全)晩期:腎機能が高度に低下している状態(血液透析、腹膜透析=CAPD、移植後) 私たちは、上記のすべてのステージについて治療をおこなっています。また、腎臓だけでなく、全身をきちんと診察することも重要であり(他臓器の病気を治すことによって腎臓が治る場合もあります)、他の科と連携をとりながら、細部にわたるていねいな診療をおこなっています。

当科の方針

腎臓疾患には次のステージがあります。

早期:血尿/蛋白尿、むくみ (ネフローゼ症候群)
中期:腎機能がやや低下しているが無症状の状態   (慢性腎不全)
晩期:腎機能が高度に低下している状態   (血液透析、腹膜透析=CAPD、移植後)

私たちは、上記のすべてのステージについて治療をおこなっています。また、腎臓だけでなく、全身をきちんと診察することも重要であり(他臓器の病気を治すことによって腎臓が治る場合もあります)、他の科と連携をとりながら、細部にわたるていねいな診療をおこなっています。 当科の方針 腎臓疾患にとって、もっとも重要なポイントは「早期発見をこころがけ透析に至る前に対処する」ということです。そのためには、血尿または蛋白尿が発見されたとき、無症状であることに安心して来院を遅らせることのないよう患者さんに啓発することを第一とし、たとえ腎機能の低下が認められた場合でも、疾患をそれ以上進行させないために、あらゆる努力をおこたらないようこころがけています。

腎臓の組織(腎生検)
腎臓の組織(腎生検)

左)正常腎組織  右)血尿・たんぱく尿のある患者さんの組織
細胞の増殖など、腎炎の所見がみられる。この方は放置すると腎機能が低下するおそれがあったため、すぐに治療を開始し、落ち着いた。

腎臓内科 スタッフのご紹介

職名氏名卒業年次資格
(専門医・認定医・指導医等)
専門分野
部長よこやま ゆきお横山 敬生平成
10年卒
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本腎臓学会腎臓専門医・指導医
日本透析医学会透析専門医・指導医
日本老年医学会老年病専門医・指導医
日本高血圧学会高血圧専門医・指導医
日本病態栄養学会NSTコーディネーター
透析バスキュラーアクセスインターベンション治療医学会認定医
臨床研修指導医
身体障害者診断書・意見書作成指定医(じん臓機能障害)
広島大学医学部臨床教授
広島大学医学部客員教授
医学博士
腎炎
ネフローゼ症候群
血液透析
CAPD
シャント関連
医師まえだ かずや前田 和也平成
21年卒
日本内科学会総合内科専門医
日本腎臓学会腎臓専門医・指導医
日本透析医学会透析専門医
透析バスキュラーアクセスインターベンション治療医学会認定医
臨床研修指導医
医学博士
腎炎
ネフローゼ症候群
血液透析
CAPD
シャント関連
医師きむら あやか木村 文香平成
29年卒
腎臓内科一般
レジデント医師くぼた しおり久保田 志織平成
31年卒
腎臓内科一般
レジデント医師 てらがわ ゆうき寺川 雄貴 令和
2年卒
腎臓内科一般
嘱託医師だいじょう やすのり大上 泰典平成
12年卒
日本内科学会認定内科医
日本腎臓学会腎臓専門医
日本透析医学会透析専門医
透析バスキュラーアクセスインターベンション治療医学会認定医
腎炎
ネフローゼ症候群
血液透析
CAPD
シャント関連
このページのトップへ