日本赤十字社 広島赤十字・原爆病院

精神科

診療科・部門について

精神科

精神科のご案内

診療の対象となる主な疾病

内科や外科の治療で当院に入院された患者さんが、次のような精神症状で困られたとき、それぞれの主治医の依頼により診療にうかがいます。もっともよくあるのが不眠です。不眠といっても、からだの病気やもともとの生活習慣によって原因が異なり、解決のポイントも違います。

そして同様に多いのは気持ちの落ち込みや不安です。ふだんの生活でもストレスが多い時代に、病気の不安やからだの症状にともなうつらさもかさなり、「つらくてもう耐えられない」と思うまでになることがあります。

そのようなつらさがなぜおきたのか細かく話をうかがい解決法を患者さんと一緒に考えることをしています。

当診療科における特色・専門医療

総合病院の精神科医として、内科や外科などからだの病気で入院されている患者さんの精神症状を改善し、QOLの向上を目指しています。またからだの治療の影響や副作用により不眠などの症状が予想されるときには、予防的な対応を提案させていただく活動をしています。このような活動はコンサルテーション・リエゾンといいます。総合病院の特性を活かし、合併症リスクのある患者さんの手術や治療に際して、身体面の問題にも配慮しつつ、精神状態の変動に速やかに対応し、迅速な改善がえられるように治療の工夫を重ねています。

また現在の常勤医がサイコオンコロジーを専門にしていますので、がん患者さんのうつや不安、不眠などで専門的な対応が必要な場合に、当院の緩和ケア内科、緩和ケアチームとも連携しながら診療をおこないます。

当科の方針

当院に入院中の患者さんで療養上の支障になるような精神・心理のつらさがある場合に担当の医師から紹介していただき、患者さんのところにうかがいます。また、がんのある患者さんでご了解いただければ緩和ケアチームとして関わらせていただくこともあります。

なお、現在精神科医1名で対応しており、当院で精神科の一般外来はしていません。退院後は必要であれば他院の精神科クリニック等を紹介させていただきますのでご了承ください。

精神科 スタッフのご紹介

職名氏名卒業年次資格
(専門医・認定医・指導医等)
専門分野
部長こばやかわ まこと小早川 誠平成
10年卒
日本精神神経学会専門医・指導医
日本総合病院精神医学会一般病院連携医学専門医・指導医
日本サイコオンコロジー学会登録精神腫瘍医
日本緩和医療学会緩和医療認定医
サイコオンコロジー
緩和ケア
このページのトップへ