日本赤十字社 広島赤十字・原爆病院

循環器内科

診療科・部門について

循環器内科

循環器内科のご紹介

循環器内科部長 岡田 武規
循環器内科部長
岡田 武規

診療の対象となる主な疾病

循環器内科の対象となる主要な疾患は心臓病です。 この中には虚血性心疾患(冠動脈疾患ともよび、心筋梗塞や狭心症のこと)・心不全・不整脈・心筋症・弁膜症・成人先天性心疾患・感染性心内膜炎・心筋炎・心外膜炎などが含まれます。これらの心臓病のほかに高血圧症(2次性高血圧・本態性高血圧)・動脈疾患(大動脈瘤・大動脈解離・閉塞性動脈硬化症)や肺塞栓症なども対象としています。心臓超音波検査・シンチグラム等の核医学検査・CTや心臓カテーテル検査などの精密検査による確実な診断をおこないます。治療については薬物療法のほか、PCI(冠動脈形成術、いわゆる風船治療のことでステントも含みます)・ペースメ−カー・高周波カテーテルアブレーション(心筋焼灼術ともよぶ不整脈の根治治療)・PTA(下肢動脈の形成術)などによる非薬物治療にも積極的に取り組んでいます。

当診療科における特色・専門医療

循環器疾患は急性心筋梗塞・不安定狭心症・急性心不全や不整脈発作など緊急の診断・治療を必要とする疾患が多いのが特徴です。当科は循環器救急に力を入れており、休日や夜間でも冠動脈造影検査が可能な体制をととのえています。医療機器としては冠動脈造影装置(シネアンギオ)・心臓CT(冠動脈CT)・心臓核医学検査装置(心筋シンチグラム・RIアンギオ)心臓超音波検査装置(心エコー・経食道心エコー)・冠動脈内エコー装置・トレッドミル運動負荷試験装置など、循環器疾患の診断に必要な機器はすべて整備されています。不整脈の診断に重要なホルター心電図(24時間心電図)については解析を外注せず院内でおこなっています。また、重症例での循環補助装置としてIABP(大動脈内バルーンパンピング)やPCPC(経皮的心肺補助)も活用しています。

当科の方針

患者さんに優しく接すること分かり易く説明することをこころがけ、ご満足いただける医療をめざします。近年インフォームドコンセントという言葉をよく耳にしますが、私たちは従来よりこれを大切にしてきました。また、心臓カテーテル検査や冠動脈形成術(PCI)を受けた患者さんやご家族には、シネフイルムをお見せしてわかりやすく結果を説明しています。病診連携にも積極的に取り組み、開業医の先生にはご紹介いただいた患者さんの検査結果をすみやかにご報告するとともに、内科系の一員として開放病床での診療にも取り組んでいます。

循環器内科 スタッフのご紹介

職名氏名卒業年次資格
(専門医・認定医・指導医等)
専門分野
部長おかだ たけのり岡田 武規平成
8年卒
日本内科学会認定内科専門医・指導医
日本循環器学会循環器専門医
日本脈管学会脈管専門医
身体障害者診断書・意見書作成指定医
(心機能障害)
医学博士
心臓病
(不整脈・冠動脈疾患・心不全)
高血圧
副部長いでい なおみ出井 尚美平成
13年卒
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会循環器専門医
日本医師会認定産業医
医学博士
心臓病
(不整脈・冠動脈疾患・心不全)
高血圧
医師 おだ のぞむ小田 望 平成
19年卒
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医
日本不整脈心電学会認定不整脈専門医
循環器内科
医師なかもと ゆみこ中本 祐美子平成
22年卒
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会循環器専門医
医学博士
心臓病
(不整脈・冠動脈疾患・心不全)
高血圧
医師おかもと だいき岡本 大輝平成
27年卒
心臓病
(不整脈・冠動脈疾患・心不全)
高血圧
レジデント医師こだま まさし児玉 将司令和
2年卒
循環器内科
このページのトップへ