当院看護師をトルコへ派遣!被爆者の平和活動に同行

カテゴリー: その他

トルコでの平和活動のため、被爆者の方の随行として当院の看護師が派遣されましたのでご紹介します。

4月に長崎で開催された『国際赤十字の核兵器廃絶関係会議』に参加し、長崎の被爆者の証言を聞かれたトルコ赤新月社副社長Dr.Naci Yorulmaz氏から、日本赤十字社の近衞社長に被爆者をトルコに派遣して欲しいと依頼があり、笠岡貞江さん(84)の派遣が決定しました。

笠岡さんは健康でいらっしゃいますが、高齢であることを考慮し、健康管理とトルコ赤新月社との連絡調整役として、国際救援開発協力要員である当院の日隈 妙子看護師が派遣されました。

①

左から日隈看護師、
トルコ赤新月社福社長Dr.Naci、
トルコ赤新月社社長Dr.Kerem

*トルコと日本は歴史的に深い結びつきがあります。↓
日本人を救出するために戦火の中フライトしたトルコ航空https://matome.naver.jp/odai/2136219086880622801
エルトゥールル号遭難事件
https://matome.naver.jp/odai/2136957767984439301

 

初日は、赤十字連盟とトルコ赤新月社が支援しているシリア難民のためのコミュニティセンターを訪問し、戦争被害にあった子ども達や女性と触れ合いました。

②

難民の子供たちと折り紙をする笠岡さん

⑤

体験に真剣に耳を傾ける女性たち

 

2日目は、大学で一般の方や学生向けに証言(講演)を行いました。
スライド1

多くの報道陣も駆けつけ、大規模な講演会となりました。
スライド2
トルコ赤新月社 社長もトルコ国内外に向けて原爆の恐ろしさ、平和への思いを訴えられました。

スライド3
記念品が笠岡さんへ贈られました。

3日目は、日本領事館にて記者会見が行われました。
スライド4 (左)日本領事館をトルコ赤新月社幹部と共に訪問  (右) 日本総領事江原功雄氏・笠岡さん・トルコ赤新月副社長・通訳

記者会見にもトルコ国内外へ発信するメディア(日本のNHKのような)や新聞社などが来ていました。
スライド5
この3日間で受けた取材の様子。 連日の取材に対しても積極的に受けられる笠岡さん


~以下、日隈看護師からのコメント~

トルコ赤新月社の全力のサポートのおかげで、短期間ながらも多くの取材を受け、より多くの方々へ戦争や原爆の恐ろしさ、それに伴う人々の苦しみを笠岡さんの悲しい体験を通してお伝えできたと思います。

「ほんの10年前まで語ることすら辛かった。」その笠岡さんの心を動かしたのは、もっと多くの人に知ってもらいたいと行動する地域の子ども達でした。

以降、笠岡さんはアメリカやスペインなど外国での講演はもちろん、毎月10回ほど修学旅行生などの資料館を訪れる人々へ伝えることを続けておられます。

思い出すことも辛い体験を、繰り返し繰り返し話すことは、どれだけ辛いことでしょう。

トルコの講演では、「彼女は話すことで辛くないか、大丈夫か?」とサポート役の私に話しかけてくださる方が何人もいました。

涙ぐみながら辛い体験を話される姿に皆、言葉を失っていました。

笠岡さんは、「戦争や紛争の被害を被るのは女性や子ども、高齢者である。幸せだった日常が一瞬で奪われてしまった。同じ過ちは繰り返してはならない。日本の子供たちでさえ、戦争や原爆のことを知らない。知らなければ、何もできないから、一人でも多くの人に知ってもらうことが大切。世界中の人々に戦争や原爆の恐ろしさ、それによって奪われた日常、悲しみ、言葉にならない想いをまだまだ伝えていきたい。」と話されていました。

今回、トルコの方々に笠岡さんの想いは重く受け止められたのではないでしょうか。
この平和への活動のお手伝いができたことを大変光栄に思います。
また、改めて、赤十字の組織力も感じ、同じ平和への思いを共有し尽力して下さったトルコ赤新月社にも感謝いたします。
今後も、平和の大切さを発信するとともに、赤十字の一員としての使命を果たしていきたいと思います。

肝炎と肥満症セミナーを開催しました

カテゴリー: その他

平成29年10月20日(金)、当院職員および地域医療機関の先生方を対象に、 肝炎と肥満症セミナーを開催しました。

特別講演は、当院では初めて笠間 和典先生にご講演いただきましたが、大変興味深い内容で、積極的な質問もあり、参加者一同知識を深めることが出来ました。

●一般演題  「当院におけるC型慢性肝炎治療の現況」                                      広島・赤十字・原爆病院 第二消化器内科部副部長 髙木 慎太郎 先生

●特別講演  「肥満・糖尿病に対する外科治療」                                            医療法人社団 あんしん会 四谷メディカルキューブ
減量・糖尿病外科センター  センター長 笠間 和典 先生

DSCN7391   DSCN7393
セミナーの様子

 

西 美和医師(元副院長)が執筆した記事が新聞に掲載されました!!

カテゴリー: お知らせ

平成29年10月15日(日)、読売新聞朝刊に、当院の元副院長で、現在も週に1回小児科外来で診察を行っている、西 美和医師が読者からの質問へ回答した記事が掲載されました!

掲載内容

出典:10月15日掲載/読売新聞社

現在、西医師は当院で、成長障害や、小児内分泌疾患を中心に毎週水曜日に診療をおこなっています。

~医療の知恵~「大腸内視鏡検査のススメ」

カテゴリー: ~医療の知恵~

日本人の死因の第1位は悪性新生物(癌や肉腫)で、2011年に癌で死亡した人の数は約35万7,000人にも上り,その中でも大腸癌の死亡数は女性では第1位,男性では肺癌,胃癌についで第3位となっています。2020年には,男性でも第2位になると予測されています。

年々増加している大腸癌ですが,やっかいなことに早期大腸癌では,ほとんど症状はありません。下の図について、右側の大腸癌は大きくなるまで症状が出にくく,腫瘤(しこり)としてみつかったり,貧血がみられます。一方,左側の大腸癌は下血,便秘・下痢,便が細くなるなどの症状で診断されることが多いのが特徴です(下図)。

fig_10  出典:JSCCR 大腸癌研究会

②.  ③.

          早期大腸癌                          進行大腸癌

大腸癌をみつける検査法として,便潜血反応検査,注腸造影検査,大腸内視鏡検査があります。便潜血反応検査は,大腸がん検診で行われている便の中に混じった血液を検出する大腸癌のひろい上げ検査で,これが陽性であれば,注腸造影検査,大腸内視鏡検査を行います。

当院では年間2,300件以上の大腸内視鏡検査を施行していますが,毎週のように大腸癌の方がいらっしゃり,年間約160件の大腸癌を診断し,早期癌のESD,ポリープ切除など約380件の内視鏡的治療を行っています。ステージ0(Tis 粘膜癌)で発見できれば,内視鏡的治療のみで根治できることも少なくありません。広島県では大腸がん検診の2次検査受診率が53%と低率で,せっかく検診を受けても早期発見の機会を逃しているかもしれません。

大腸内視鏡検査を受けて,早期発見・早期治療を目指しましょう!

第一消化器内科部長・内視鏡センター長    岡信秀治

 

お月見行事食

カテゴリー: その他

平成29年10月4日(水)、中秋の名月ということで、お月見行事食を提供しました!

十五夜とも言われ、月見をするには最も良い日と言われています。旧暦と関係して稲の収穫時期の前後であり、豊穣の象徴と見立てられたことから、米を使った団子や、その時期に収穫した物などで今年の実りに感謝するところからきています。

今年のメニューは、秋刀魚の塩焼き、お月見だんご汁、胡麻和え、旬の果物です。

DSC04261 (2)

これから少しずつ寒くなりますが、栄養課一同、患者さんに食事を楽しみにしていただけるように頑張ります (*^_^*)

 

第7回 国泰寺圏域多職種連携会議を開催しました

カテゴリー: 研修

平成29年9月22日(金)、東棟9階講堂にて、下記のとおり「国泰寺圏域多職種連携会議」が開催されました。病院と在宅で活動する医師・歯科医師・薬剤師・看護師・MSW・介護支援専門員81名が参加しました。

テーマ:『フレイルとロコモとサルコペニア~医療・介護連携による多角的アプローチ~』

講演:「ロコモティブシンドロームとその対策」

講師:広島赤十字・原爆病院 副院長 有馬準一

講演後にはグループワークを行いました。

テーマは「圧迫骨折の既往歴がある高齢者が在宅で生活していますが、少しずつ元気がなくなってきています。あなたの立場でどのような支援を提案されますか?」について話し合いました。

病院勤務の立場では「圧迫骨折に対し安静が必要である」という治療優先の意見に対し、在宅側の立場では「鎮痛剤をうまく活用しながら活動ができるようにする」と生活維持を優先する等、立場が違うことによる考え方の違いを共有しました。

歯科医師から「噛み合わせが悪いとバランスを崩し転倒しやすい」という意見もありました。日頃から口腔ケアには努めたいものです。

①  ②

 

                              看護部 森山 薫

登録医療機関紹介リーフレットを設置しました!!

カテゴリー: お知らせ

皆さん、一体どれくらいの地域の医療機関が登録医療機関として当院と連携しているかご存知ですか?

約600の医療機関が当院の登録医療機関として連携しています!

では、どの医療機関と連携しているかご存知ですか?

ご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、中央棟1階の地域連携・入退院センター前に地域医療連携機関MAPを掲示したり、ホームページでも紹介をしています。ホームページでは、登録医療機関の情報がわかるリーフレットも閲覧できるようになっています。

そしてこのたび、もっと身近に、そして気軽に当院と連携している医療機関の情報を知っていただくため、登録医療機関のリーフレットを、地域連携・入退院センター前に設置しました♪

地区別にファイリングし、患者さんをはじめ、誰でも手に取って閲覧でき、持って帰っていただけるようになっています。

ぜひ、皆さんのお近くのかかりつけ医を探してみてください(*^_^*)

プレゼンテーション1

 

地域医療連携課

職場体験学習を行いました

カテゴリー: その他

平成29年10月5日(木)、6日(金)の2日間、広島市立広島中等教育学校の生徒3人(男子1名、女子2名)を受け入れて、職場体験学習を行いました。

この学習は医療職に興味を持っている生徒を対象に、当院の各部署を体験、見学してもらうものです。総合病院の中に入るのが初めての生徒は戸惑いながらも説明を聞き、熱心にメモや、質問をしていました。

当院での職場体験を通じて、医療職に興味を持つ生徒が、なりたいと思う職種が見つかればうれしいです。

いつかまたここで逢えたらいいですね。

DSC_7189  DSC_7209

リハビリテーションセンターにて、説明を受けリハビリ器具を体験する様子

 

 

平成29年度臓器移植等推進功労者県知事感謝状をいただきました

カテゴリー: 未分類

平成29年10月10日(火)、輸血部所属 青木 紀子看護師が広島県知事より、平成29年度臓器移植等推進功労者県知事感謝状をいただきました。

これは、臓器移植及び造血幹細胞の推進や普及啓発に関する功績が認められた者に、広島県知事から感謝状を贈呈されるものです。

DSC_7293. 今年度は3人が感謝状を贈呈されました。

DSC_7295.

青木看護師と湯崎知事

~職員コラム~「野球肘を知っていますか?」

カテゴリー: 職員コラム

今回の職員コラムは検査部です。

『野球肘』と言う言葉をご存知でしょうか?

学童期・成長期に投球動作の反復により生じる肘障害です。障害部位によって、内側、外側、後側障害と分類されます。なかでも外側型野球肘といわれる上腕骨小頭の離断性骨軟骨炎 (Osteochondritis Dissecans: 以下OCD)は、内側型野球肘に比べると症状の発現が遅く,痛みを主訴に病院を受診してからでは診断が遅れることがあり、進行例では手術治療が必要となります。早期に発見すればほぼ間違いなく治るそうです。

その早期発見の取り組みとして『野球肘検診』なるものがあります。検診の内容としては、まず医師による問診、ソノグラファー(超音波診断装置の操作者)による超音波検査を行い骨の状態をチェック、理学療法士によるストレッチ指導が行われます。超音波検査は、X線撮影やCT検査では写らない軟骨の状態が観察できます。

超音波とは『人間には聞こえない高い音』の事を言います。

①

特に早期発見が必要なOCDの初期はX線撮影では分かりませんが、超音波検査で見つける事が出来ます。そして、なにより超音波検査はX線撮影やCT検査のような放射線被曝がありません。また、電源さえあればどこででも検査が出来ます。検査時間は約3~5分で終わり、痛みもありません。

②

広島市でも数年前に有志による『野球肘検診』チームが立ち上がり、私もソノグラファーの一員としてこれまでに数回検診に参加させて頂きました。

未来のCarp選手の肘を守る取り組みが今後さらに広まろうとしています。

③.

超音波検査による検診風景↑

④

広島市から集まったソノグラファーと医師↑