HICAREより受入研修を行いました

カテゴリー: 研修 パーマリンク

1月24日(金)、ブラジルから医師3名が研修に来られました。

研修では、柏戸副院長より原爆投下による当時の人々や市街地への被害状況について講義を行いました。その後、被爆資料室とメモリアルパークを見学され、原爆の悲惨さに心痛されている様子でした。

今回の研修期間は1月20日(月)~2月7日(金)の3週間で、当院以外にも広島県内の医療施設や平和記念資料館などでも研修を受けられています。

当院には、海外からも毎年多くの方が研修や見学に来られています。

二度と同じ過ちを繰り返さぬよう、この度の研修でより一層平和への想いを深めていただければと思います。

HICARE