国際救援研修レポート~その1~

カテゴリー: 先輩看護師紹介 パーマリンク

皆さん、こんにちは。2月も終わりの週、来年度に向けて、準備に追われる日々を過ごしています。

3月まであと少し。寒さが続く中、早く春が来てほしいような、来てほしくないような・・・

さて、今日は、当院の看護師から研修レポートが届いていますので、紹介しますね。

日本赤十字社では、国際救援や国際開発協力員となる看護師を育成するための研修プログラムがあります。

彼女は、その研修プログラムに参加しています。その研修の様子を、報告してもらいます。

******************************************************************

皆さん、こんにちは。本館3階で勤務しています日隈といいます。

私はこれまで、国際活動に携わるための研修に、いくつか参加してきました。

この研修を受けるためには、英語が必要で、最低TOEIC730点を取らないと受けられません。

でも、仕事しながら勉強するのって、なかなか難しいんですよね。。。

しかし、赤十字では語学研修というプログラムがあるんです。

4ヶ月強、仕事から離れてみっちり英語だけを勉強しに行きます。

私は熊本へ出張という形で行かせて頂きました。今回は、その語学研修について報告します。

 

ひたすら英語だけを学びます。主にTOEICについてですが、上の写真はプレゼンテーションの練習風景です。

毎日、毎日、英語のことしか考えない日々。

同じ志を持つ他県の仲間(看護師、事務職員など職種もバラバラです。所属は名古屋、福岡、広島、熊本)と共に単語やイディオムを必死になって覚え、TOEICを毎月受け続けました。

ここでは日本人講師2人がTOEICの文法とリスニングを、3人の外国人講師がビジネス英語、日常英語、プレゼンテーションなどなど多岐に渡りじっくり教えて下さいます。

仕事から離れ、英語だけを学べるだけでなく、ここで出来た経験、熱く語り合った仲間、講師、熊本赤十字病院の方々との出会いは一生の宝です!

思い出したら寂しくなってきた〜!

研修終了後、講師より修了証を頂きました。(私は前列の右から二番目です)

そして、TOEICをパスしたら、実践的な研修を受けることが出来ます。

**************************************************************************

次の研修については、次回またアップします。お楽しみに。