国際救援研修レポート~その3~

カテゴリー: 先輩看護師紹介 パーマリンク

本館3階 日隈さんによる研修レポート-その3-です。

こんにちは。今回は、ERU研修における屋外でのシミュレーション研修について報告します。

ERUは、災害などの緊急時の際に派遣されるチームやその設備のことをいいますが、実際にその設備を使用してモバイルクリニックの設営訓練を行いました。

広いロケーションの中で、どこに、どのように設営するか、動線をどうするか、などなど様々な状況を想定し、一から立ち上げ、実際にシミュレーション訓練を行いました。

↓ これは、患者さんを受付し、トリアージしている様子です。

現地でのコミュニケーションに欠かせない無線や衛星電話の訓練もあります。

テントでのクリニックには、日本赤十字広島看護大学の国際コースの学生さんが、現地の患者さん役として参加してくれました。

↓ これは、どんな設定かを研修生には内密にして学生さんと打ち合わせがされている風景です。

 

イスラム圏の設定だったため、ローカルナースとしてサリーを巻き、準備万端 

頑張るぞ~~!と、円陣組んで心はひとつ

講師陣と参加者、学生さん達と一緒に記念撮影

熊本県の阿蘇の研修施設にて行われました。

毎日、グループワークの課題がありますが、それが終わったら、お楽しみの畳セッション♪

講師も参加者もざっくばらんに色んな話をします。

もちろん24時間英語ですよ~

日本人だけのグループで飲んでいても、誰かが気づくまでは全員が英語で喋っていたり(笑)

毎晩遅くまで親睦を深めても、翌朝には真面目に講義を受け、グループワークをする、全員がプロフェッショナルでした。

5泊6日の研修で、修了証をもらい、その後、ERU要員として本社に登録されました。

次回は、IMPACT(国際救援開発協力要員)研修について報告します♪