日本赤十字社 広島赤十字・原爆病院

初期研修医プログラムについて

就職をお考えのかたへ

初期研修医プログラムについて

初期臨床研修の理念

個人の尊厳と患者の権利を尊重し、安全で確実な医療を提供していくため、医師としての必要な倫理観と、プライマリ・ケアの基本的な診療能力を身に付けます。

初期臨床研修の基本方針

プログラムの名称

広島赤十字・原爆病院臨床研修プログラム(プログラム番号:030630201)

プログラムの責任者

前川 隆英(副院長兼臨床研修部長)

研修プログラムの概要

研修期間 2年間
採用時研修 1週間程度
1年次研修 内科系 24週、救急 12週、産婦人科 4週、外科または小児科※1 4週、選択 4週
○内科 … 24週(8週×3診療科)
・腎臓内科、血液内科、内分泌・代謝内科、脳神経内科、循環器内科、呼吸器科、消化器内科、リウマチ科
○救急 … 12週
・集中治療室8週、麻酔科4週、及び二次救急、輪番当直
○産婦人科 … 4週
○外科または小児科※1 … 4週
○選択 … 4週
・自由選択/腎臓内科、血液内科、脳神経内科、循環器内科、呼吸器科、消化器内科、リウマチ科、外科、整形外科、脳神経外科、耳鼻咽喉科、眼科、皮膚科、泌尿器科、放射線診断科
※同一診療科を2回以上選択しないこと

(例)

期間 8週 8週 8週 12週 4週 4週 4週
診療科 内科 内科 内科 救急 産婦人科 外科
または
小児科
選択
2年次研修 外科または小児科※1 4週、精神科 4週、地域医療・保健 4週、選択36週
○必修 … 外科または小児科※1 4週、精神科 4週、地域医療・保健 4週
・精神科/医療法人せのがわ 瀬野川病院で研修を行う。
・地域医療・保健研修/許可病床数200床未満の病院・診療所3週、庄原赤十字病院(へき地医療)1週、保健所(1日)、血液センター(1日)中小病院・診療所(3週間)、保健所(1日)、血液センター(1日)※地域医療には一般外来での研修と在宅医療を含む
○選択研修 … 自由選択 36週
※厚生労働省の定める「臨床研修の到達目標」を満たすよう選択する。
・腎臓内科、血液内科、内分泌・代謝内科、脳神経内科、循環器内科、呼吸器科、消化器内科、リウマチ科、外科、整形外科、脳神経外科、産婦人科、小児科、耳鼻咽喉科、眼科、皮膚科、泌尿器科、放射線診断科、放射線治療科、麻酔科、病理診断科、精神科(必修研修以外で更に希望する場合)

(例)

期間 4週 4週 4週 36週
診療科 外科※
または
小児科
精神科 地域医療
保健
選択
一般外来研修 2年間の研修期間内に20日以上(一般内科、一般外科、小児科)行う。
BLS・ACLS研修 2年間の研修期間内にBLS・ACLS講習を受講する。

研修施設

基幹型臨床研修病院広島赤十字・原爆病院
研修協力病院医療法人せのがわ 瀬野川病院
研修協力施設総合病院 庄原赤十字病院
広島市保健所、広島県赤十字血液センター
医療法人社団 正岡病院
医療法人社団おると会 浜脇整形外科病院
公立みつぎ総合病院
翠清会 梶川病院
医療法人社団 公仁会 槇殿順記念病院
広島市医師会運営 安芸市民病院
医療法人社団CMC コールメディカルクリニック広島
広島市立 舟入市民病院

臨床研修部

所属者

研修医の処遇

職名研修医師
給与1年次 固定給 305,450円(地域手当(基本給の10%)含む) + 諸手当
2年次 固定給 331,950円(地域手当(基本給の10%)含む) + 諸手当
賞与あり(年2回)
諸手当通勤手当(上限55,000円)、住居手当(上限28,500円)、時間外手当、宿直手当
宿舎あり(自己負担金あり)
休日日曜日、土曜日、祝祭日、創立記念日(5月1日)、年末年始
休暇年次有給休暇(1年につき24日 ※夏季休暇3日含む)
その他特別有給休暇
各種制度育児休業、介護休暇など
福利厚生健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、日本赤十字社年金制度、
全社的福利厚生、職員互助会制度(院友会)など
保険医師賠償責任保険/病院自体の加入あり(個人加入を推奨)
健康診断年1回
その他各種研修会・講習会への参加可能。 その他、勤務・処遇については職員給与要綱、職員就業規則など各規則に準ずる。

各診療科研修プログラム

お問い合わせ先

教育研修推進室 臨床研修担当者
〒730-8619 広島市中区千田町1丁目9番6号
電話 082-241-3111(内線)3110 FAX 082-246-0676
mail kyouiku@hiroshima-med.jrc.or.jp

このページのトップへ