日本赤十字社 広島赤十字・原爆病院

南棟6階

入院予定のかたへ

南棟6階

南棟6階

病棟の方針

「安心・安全で、その人らしさを大切にした看護」を目指しています。患者さんとの対話を大切にし、満足していただける治療や看護が提供できるように努めています。
患者さんやご家族の持っておられる力を引き出せるように、患者さんのこれまでの体験や工夫などを大切にしながら、一緒に考えてまいります。
また、医療チームとして質の高い医療が提供できるように、医師・薬剤師・栄養士・理学療法士・ソーシャルワーカーなどの職種と協力しながら、一丸となって、患者さんやご家族をサポートしています。

病棟の特色

主な診療科は、呼吸器・消化器内科です。悪性腫瘍の診断から治療(化学療法、放射線療法、対症療法など)が行われています。また、化学療法や病気に伴う症状の緩和治療にも、積極的に取り組んでいます。
看護方式は、PNS(パートナーシップナーシングシステム)を取り入れ、パートナーシップマインドを持ち、患者さんやご家族に質の高い看護が効果的に提供できるように、スタッフ全員が協働して看護を行っています。がん看護や摂食嚥下障害の認定看護師や専門看護師が中心となって、チームでサポートする体制をとっています。

このページのトップへ